看護師

医療事務の資格は通信講座でGET【手軽に学ぼうYO】

お金や会社経営のプロ

なるにはどうすれば良いか

試験

公認会計士は会社経営などにおける、経営に必須である会計や財務などといったお金に関する業務を行う専門家です。この公認会計士の資格は国家資格であり、また、その国家資格の中でも難関資格として有名です。この資格の難易度に関しては、行政書士と同等もしくは少し下程度とされています。業務内容に関しては、会社経営における事業の際のお金の割り振りに関するアドバイスをしたり、会社のお金関係の監査を行ったりします。特に会社経営におけるアドバイスをするには、経済の流れをしっかり把握する必要があり、公認会計士になった後も、経済学に関する知識を勉強し続け、更新し、また、ニュースをしっかり見て世界経済、日本経済を把握する必要があります。

合格するには

公認会計士試験に合格するための勉強法はどのように行えば良いでしょうか。これに関しては、司法書士や行政書士などと言った法律に関する国家資格は暗記が大切である傾向がありますが、公認会計士試験では会社法をはじめとする法律関係に関する知識ももちろん問われ、これらに関する勉強も必須でありますが、二次試験は記述形式での試験であるため、暗記よりも、身につけた知識を応用させる練習をする勉強が必要となります。そのため、二次試験の勉強を中心に行う必要があり、その範囲は一次試験の択一問題と被るところもあるため、被っている部分は無駄を省くために二次試験の勉強に集中しましょう。また、択一問題に関しては、ひっかけ問題が多いので、そのひっかけに引っかからないよう、ちょっとした間違いに気付くことの出来るよう勉強や問題演習を行いましょう。