看護師

医療事務の資格は通信講座でGET【手軽に学ぼうYO】

お金を管理する資格

簿記の入り口

勉強

どの資格においても基本的には履歴書に書いて資格として認められるのは2級からと考えられています。簿記検定も同様であり、経理や事務関連のお仕事をする際は簿記2級以上が条件であることも少なくはありません。そのようなこともあり、簿記2級の資格は簿記検定の入り口として受験する人が多いです。この簿記2級では工業簿記と商業簿記が出題され、その難易度に関しては、商業高校卒業レベルとされています。そのため、独学で勉強することも不可能ではありません。ですが、全く簿記に関する知識が無い場合であると、独学よりも誰かに教えてもらう方が、間違いや弱点に気付きやすく勉強しやすいと言えるでしょう。そのような講座の選び方を以下では紹介したいと思います。

選び方は

簿記2級を受験する際の勉強のための講座の選び方にはどのような点に気を付けるべきでしょうか。これに関しては、まず、簿記3級を受験する際に通信講座などを利用した際にある程度内容が把握できているのであれば、自分に合う講座を選択すればよいですが、そうでなく、初めての受験となる場合、評判を把握するよりも、個人経営の塾などは避け、とりあえず大手の販売する通信講座を取ると無難です。講座をするメリットとしては、添削を受けられる、出題傾向をしっかり把握でき、そのために効率の良い勉強が出来ると言ったことが挙げられます。ですが、簿記に関してはとても実践が必要であり、講座のテキストだけでなく、過去問題集や予想問題集を気軽に本屋で手に入れることが出来るので、そちらも利用しましょう。